2007.09.23

small fishes

070923_0001_5

 本日は久々にbass fihing。
早朝に20cm前後の小バスを5匹つり上げ、終わってしまいました。
今日は2度ほど川の中でこけて、バックパックのD200まで水没しかけました。
 
070923_0012
 
館山自動車道が全線開通したので下道が空いてました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.25

outdoor in weekend

当初出社する予定でしたが、「休め」とのご達し。
急遽、日曜休みが取れたので久々に先輩とbass fishing。
夜明け前、気温は5度。寒すぎです。
あたりがそうないので、辛さがなおこたえます。

7時過ぎ、40cm over(?)がヒット。
070225_0008

以後あたりがなく、冷たい風が体を突き刺す。
070225_0025

杉花粉も僕に襲う。

寒さに耐えかね、杉の枯葉で焚き火。火は偉大だ。

10時半から13時まで車でお昼寝。

またfishing再開。

15時前、やっと当たりが。しかし痛恨のmiss!!!。もう一度キャスティングし再びHit。
45cm over(?)
070225_0039

会社でもなく、自宅での休息でもない、ホント久々の外で過ごす日曜日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.05

bridge

20061001_0011

昔ですと、この橋を渡り降りてきました。
川の中を歩くのと、疲労もだいぶ違います。一般道からの入るpointが違うので距離も短いこともあるのですけれど。
(舗装されていないですし、一カ所急な落差を移動しなければ行けないですが、それでも相対的には楽。)
off roadの走破性のあるSUVで突っ込んで行っていたので橋を通るルートで来れましたが。

ここのbassもスレてきたそうで40cm以上は望めないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

green stream

20061001_0012

先週は川面一面に浮き草だらけでしたが、なくなっています。
浅瀬ですが、僕自身は膝上まで水に浸かっています。

pressureを与えてもよいポイントは川の中を進んで行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.02

spider

20061001_0016

先週と同じポイントでbass-fishing。
釣果は坊主。
 
亀山ダムが放水していたようで濁流。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

abuser

20060924_0012x

先輩は秤量しているんです。サイズは49cmでしたが、基本的に重さを競うもののようです。
 
abuserというのはどういう意味なんでしょうね?
abuse自体は幼児虐待に使われるようですが。
 
なんでこんな単語を知っているかというと先輩と米国に数ヶ月滞在したとき、TV CMで。
 
(怒っているような、困っているような女の子が父親なのか関係性が断定出来ない笑顔の男性に手を引かれエレベータに乗り込む。その際、すれ違う高齢の女性がハッとする。男性のブルゾンにabuserと書かれている。)
 
最初、少女がにらんでると思い女性の方が問題ある人かなぁと思ったりしたんですけど、どうなんだろう。
 
それはそうと、違う決断をしていればこういうfishingの機会は失われたんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

Dam

20060924_0014

堰の上流。立ち続けるのも結構怖いものである。微妙な所にいたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

初めての?

060505_0008
ひとり佐久間ダムまでbass fishing.
2度ばらして、その後当たりなし。
湖面の風が冷たい。

060505_0018
日差し。
今日は雲が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

近場で

060205_0003

 今シーズン、初めてのワカサギ釣りは山中湖。
朝3時に出て先輩の家にRX-7を停め、4時過ぎに先輩のランクルで出発。5時過ぎには到着。近いですね、近すぎ。
 
 風も強くなく、日も射してり、さして寒くない。何より良く釣れました。下手な僕でも88匹の釣果。
 
 しかし10時を過ぎたあたりから、湖面の氷が亀裂する音と振動が。結構怖い。
濡れた上に寒風で手もボロボロ。fishing用の防寒着がないのでスキーウエアーを着ていたのですが、スキーウエアーはワカサギの鱗だらけ。
 
 もともと4人の予定が2人だけとなったので、天ぷらもBBQもなし。お湯を沸かして湖の駐車場で周りなど気にせずカップラーメンをすすり、その後近場の温泉へ。
 
 12年目に入ったRX-7をドライブするのもあと僅か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

久方の

051106_0003

昨日はほぼ1ヶ月ぶりの亀山ダム。日の出が随分遅くなりましたが日曜なので昼までのアタック。
 
さすがに先輩は40cmサイズを2匹ハードルアーで釣り上げ、あとは僕のサポートをしてくれました。
 
先輩曰く「SpinnerBaitがいける!」
僕も初めてベイトリールに挑戦。でもバックラッシュを恐れて遠投出来ません。
で、今回は坊主。
 
そいえば、青というか緑というかメタリック色の鳥が時折、飛んでいたので
「あれってカワセミですか?」
「そう、ここでよく飛んでるんよ。だから俺にはカワセミはけして珍しい鳥やないんよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.13

増水(3)

051010_0024

 色々思うに、bass fishingに一緒に行くというのは先輩との関係に変化をもたらしていると思う。
 
 先日仕事の上で割と深刻な話し合いを持たざるを得なかった。この事は、何かが損なわれ、そして変化を強要している。僕らの関係も直接的往来する問題がなかったとは言え、間接的に何かが波及している。
 
 そんな中でのbass fishingだった。
 増水、雨天という悪条件で安全への心遣い。人気が少ない自然で、心の緊張が緩和される。寝ずに昼まで行動を共にし、復路では眠気と戦いながらの車内の不思議な会話。
 
 それら些細なことが意味を持つのであろうと思う。今は意味がなくても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.12

水門前で黄昏れて(増水(2))

051010_0013

最初のポイントでは全くアタリがありませんでした。次のポイントへ移動する前、前回同様立ち寄った水門。小雨の中、朝だというのに僕はもう黄昏れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

増水

051010_0008

 昨夜は寝不足と疲労で、夕食を摂り終えるともうベッドに倒れ込みもう爆睡していました。
 
 今回は3人。連休最後の日なので昼に引き上げるプランでまた千葉へ。釣果は帰り支度直前でやっと一匹。他の二人はキャリアの差歴然で二桁。
 
 でやはり、雨で前回と打って変わって増水。堰のそばまで行けません。
 
051010_0004
 
 先輩「雨だから、レインウエアある?」
僕「ウインドブレーカーならあるんですけど」
先輩「あかんな。ウインドブレーカーは水しみてくるで」
 
 で僕はHelly Hansenのウインドブレーカーに防水スプレーして着ていたんですが、あっという間に浸水。時々雨脚がキツくなる中、きちんと購入して準備しておこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

漂い流されて (長野と新潟の狭間で(3))

全くアタリがないままヨット、カヌーそして時まで僕らの前を通り過ぎて行きました。湖上の天気は刻々と変わり、ヒリヒリする肌に風が心地よい。
 
050917_0035
 
流されるままに任せ、ボートで寝てしまいました。それでもロッドを握りしめたままの先輩。

050917_0040x

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

朝日がまぶしい (長野と新潟の狭間で(2))

 26時前に信濃町IC着くと、IC出てすぐの道の駅に車を止めて毛布をかぶって寝ることに。
 
 予約していたボードは7時からでないと使えないので、まずはコンビニで朝食と昼食を買い込み7時まで待つことに。
 
 050917_0010
 
 ボートでポイントに移動し1時間を過ぎて眠気が襲って来たとき、先輩にhit。しかしこれが二人の最初で最後のhitとなるとは。

050917_0021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

長野と新潟の狭間で

 野尻湖から先ほど帰宅しました。small mouthに嫌われ釣果は坊主。
 
 野尻湖を後にする最後のショット。
 ボートを降りた後はカメラを持たず岸から釣っていたので、凄くきれいな時間帯は写真に収めることは出来ませんでした。まだキャスティングしてましたし。
 
(ちょうどカヌーをしていた方がピンクに染まった湖面を背にこちらに向かっていたのでカメラを取りに戻ろうかとも思いましたが連れて来てもらっている先輩への遠慮が)
 
 050917_0049
 
本格的なボートでのバス釣りは初めてだったので、釣れませんでしたが、それなりに面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.15

亀山ダムではないけれど

昨日は帰宅後、購入していたcavaをひとり飲んでいました。
 
先週末の釣旅行?は、疲労のため18時過ぎで終えました。あとは数枚写真を撮ってダラダラしてました。残暑残る季節なので温泉に入らず、汗をかいたまま帰路へ。ところで何の像なんでしょう?
 
050910_0057
1/2秒ぐらいで撮ったらこんな感じなってしまいました。

050910_0061

続きを読む "亀山ダムではないけれど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.13

亀山ダムを離れて

 釣れないので、3ポイント目に移動を開始。凄い所を降りて行きます、流石はランクルですね。車を降りてからも結構凄いとこです、イノシシの罠もあるし竿を片手に木の蔓にしがみついて登ったり降りたり。子供の頃は何でもなかったんですけどね。
 
 さらに鴨川の方へ下って4ポイント目に。もう何処だかわかりません、先輩を除いては。
 
050910_0051
 ここでは20cmぐらいのbassが良く釣れました。でも釣りはタフな遊びです。fishing pointへたどり着くまでの道のりがキツいです。

続きを読む "亀山ダムを離れて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.12

亀山ダムの片隅で

 9時過ぎには堰を離れBBQ予定地へ移動。暫く挑戦するも当たりもなくなりお昼寝することに。
 
 11時頃むくむくと起きだし七輪でBBQ。今回は豚肉をメイン。写真は一気に食べ終わり後片付け後の空冷中の七輪。
 
050910_0017
 食事の後、暑くて寝れないので釣りもせずにカメラを持ってぶらぶら

050910_0027

続きを読む "亀山ダムの片隅で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

亀山ダム

 千葉県の亀山ダム周辺にバス・フィッシングに行ってきました。亀山ダムというとカヌーイストの野田知佑さんが暮らしていたんですよね。椎名誠氏の息子さん岳さんから名を取って付けられたカヌー犬ガク共に。
 
050910_0005
 
 高校生の頃、インドア派なのに盛んに椎名誠さん、野田知佑さんの本を読んでいたのでちょっと感慨深い。
 
 今回もタックルは殆ど先輩に借りました。ただウェダーは購入して行きました。便利ですね、とっても暑いけど。日本で初めてlarge mouseを釣り上げました。やっぱり先輩のポイントガイドとルアーチョイスがあってのことですけど。

050910_0016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

small mouth again (4)

 夕間暮れまで仮眠をとっていると、車が揺れ始め飛び起きました。誰かに悪戯で車を揺らされているのかと思いましたが、地震でした。
 福島でも結構揺れました。目が覚めてしまったので16時半から最終ポイントの小野川湖でfishing。
 
050723_0029
 一匹釣り上げ後、当たりがない。19時過ぎまで写真を撮っていました。その日それ以上釣りをする心が萎えた理由は本当は別にあったんですが。
 
050723_0044
写真以上に辺りは真っ暗でflashlightで照らしながら車を止めた所まで上がってきました。

050723_0049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

small mouth again (3)

050723_0021

10分もかからない昼食を済ませると
「せっかくだから檜原湖を一周回ってみる?」と先輩。
暑くても高地のせいか湿度も低く窓を開ければ心地よい風が車内に巻き込んできます。
 
まぁ途中でポイントを見付け、車を止めて岸に向かって降りていきます。
 
050723_0010
 しかしハードですね、道とも言えないような所を両手がロッドで塞がったままの状態で滑り落ちないよう降りてゆきます。
 2時間ほどトライし、やっと28cmほどのスモールを釣り上げました。(この間釣れないのでカメラを取り出しそうになりましたが釣れて来てもらった先輩の手前気兼ねして出しませんでした。)
 気分よく道路まで這い上がり、アイスを食べて休憩でもしようとSPARまで。
 
050723_0025
 
この辺は国定公園なのかコンビニやガススタンドの看板が茶色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

Lunch on the car

 夜明け前の3時に到着し、1時間弱仮眠。厚い雲に覆われた夜空、気温は16度。橋の上から試し釣りで1匹ヒット。これで坊主はなくなって一安心。場所を移動し早朝の釣りを開始。アタリらしきものが2、3度あるものの上げられません。早朝が重要なの時間帯なので、この間カメラを取り出している場合ではありません。
 
 
 10時を回ったあたりで1度目のお昼寝。暑さで目が覚め、時計を見ると12時前。車を降りて空を見上げると晴れ間が。すっかり夏空。
 
050723_0008
 先輩曰く「前の日、スーパーで良い肉がなかったから今回はBBQでなくカップラーメン」
車のラゲージでお湯を沸かして昼食。
 
050723_0010
 タックルは全て先輩に借りました。今回先輩が用意したタックル。

050723_0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

small mouth again

050723_0040

 米国出張時、毎週bass fishingに連れて頂いていた会社の1つ上の先輩に、日本でも初めてbass fishingに連れて頂きました。
 
 金曜の22時に出発し、土曜の25時帰宅。檜原湖は遠いです。しかし日本での初bassもスモール。僕は特殊なバサー?なようです。
 
 僕の釣果はスモール3匹。写真は最後に釣り上げたbass。あたりはもう暮れていました。3回、仮眠はしましたが、流石に眠いです。釣りはタフ過ぎます。おやすみなさい。

050723_0050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.14

顛末

--- fishing result ---
 6時前に着いたのは松原湖。着くまでホントに行き先知りませんでした。釣果は0匹、fishing senseないです。ちょっと曇っていたのと風がなかったので、なんとか寒さには耐えられました。他の釣り人たちはカタツムリみたいな一人用のテントで釣っていました。
 予定通り?10時半ごろからD70で遊び始めましたが指がかじかんじゃって。(朝が勝負らしく、この頃から周りの人達もほとんど釣れていないようでした。)指は出しているので冷えきちゃって。あと一定の姿勢と寒さで首を縮めているので肩がものすごく凝ってしまいました。
  
050513_0010
 
050513_0015
 
 11時過ぎから昼食を準備。湖上で七輪を使って焼肉とコンビニで買って置いたおにぎり。先輩曰く「釣りは釣り。BBQはBBQ。温泉は温泉(帰路寄りました)。3つそれぞれ楽しまなきゃ」
 そして七輪が冷えるまで再び釣り。(僕はあきらめモードですべる湖上を気を付けながら散策)
 ちなみに写真のゴミはきちんと持って帰りましたよ、マナーとして。
 
050513_0021
 
 14時には湖を後に。国道に出ると、温泉によって体を温めて、いざ東京へ。でもカラスの行水でした僕は。先輩が「俺は温泉でも長風呂せぇへんねん。だからみんなから温泉なのにもったいないってよう言われる」って温泉までの道すがら車の中で話してました。その先輩に「せっかく温泉なのに、勿体無いやないかぁ(笑)」と笑われてしまいました。温泉に眼鏡したまま(プラスティック・レンズのコーティングが痛むらしい)入ってしまったのとロッカーの上に貴重品を入れたままのデイパックを置きっぱなしで温泉に入っていたからなんですが。
 途中「風呂のあとはコーラ。飲みたい」と先輩。コンビニに立ち寄る。そこから見えた山は何なんでしょう?八ヶ岳方面だと思うのですが。
 
050513_0036
 
 全く寝ていない僕は先輩の許しを得て1時間ほど睡眠。先輩宅から泊めておいた自分の車に乗り込み、先輩の釣り上げたワカサギをお土産に持って自宅へ。自宅へ着くや夕食をとり、もうあとは洗濯物を洗濯カゴに放り込むや否や爆睡でした。
 先輩から貰ったお土産のワカサギを見た親は「小さすぎて料理するのがかわいそうね。」だって。まぁ僕の目からも小料理屋で食べるワカサギより確かにちっちゃい。
翌日の今日先輩に言うと「松原湖のは小さいねん、でも旨いはずやで」とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.06

last fishing?

--- Dam in Maury River ---
 Hurricane Francesの影響か未明から雨。なんとか天気が持つという予報もありMaury Riverの堰に出かけました。来週の土日も行こうと思えば行けますが、帰国が15日のため、一応今日を最後の釣り納めということに。

 夜明け前に始め、最初はブルーギルの親戚を3匹。続いて15cmぐらいのスモールマウス・バスを2匹ゲット。つれないので堰の川下から狙い、29cmのスモールを釣り上げました。数分後先輩も30cmオーバーを釣り上げました。

2004.9.06.0003.jpg

2004.09.06.smallmouth-bass.jpg

 続けて20cmぐらいのスモールや外道を釣り上げ調子付いて来たところで雨が強くなりだし9:30で一旦車に非難。川での増水は危険との先輩の判断で残念ながら帰宅することに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

consecutive holidays

 日本ではsmallmouth bassよりもlargemouth bass<の方が生息域も多く、釣れるようです。しかし僕はまだsmallmouthしか釣ったことがありませんでしたが、本日やっとlargemouthを釣り上げました。12inchぐらいでしょうか。

 写っている子供は、こちらの会社の同僚?のお子さんで本日彼のお父さんに帰国まで僅かということで別荘に招待されました。日本では優雅な生活と呼ばれることが、こちらでは普通のようです。別荘、数台のモーターボート、ジェットスキー。うらやましい限り。

bassの口の中が気になるのかな?
largemouth.bmp

つかの間の休憩
2004.9.04.0010.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.29

No fish today too

 10時半ごろ先輩がコインランドリーの帰りに「今日はどないするん」というので「Burger Kingで昼飯をとりながら考えましょう」と返事をし、慌てて僕もコインランドリーに洗濯物を突っ込んで身支度。で毎度のwhopper with cheezeを注文し、先輩と今日の行動の相談。で昼から片道30mileのBuchananまで行って(僕が始めてbassを釣った)James Riverで釣りをしようということになった。
 
--- James River ---
 James Riverは陸から釣るのがちょっと大変で川の中から釣りをした方がいい。カヌーやボートで釣りや川下りを楽しむ地元の人々はTシャツに短パンでスニーカーでジャブジャブと水の中に入っている。
 で本日は僕も真似て(短パンでなかったのでジーンズを巻くり上げ)スニーカーのまま僕もジャブジャブと川の中へ。
 しかし、今日もアタリもがない。小一時間粘った後、先輩の様子を伺いに一旦川から上がり、川沿いの林を歩いて川上に。「2匹やっと10inch超えてる小さいの釣った。川の中に入って本気出しっとたようやけど、そちらはどない?」とのこと、さすが。
 僕が「うん、こちらはアタリもないですよ。」というと、僕が釣っていた橋桁まで戻ってきて試しにと、先輩が一振り。
 すると一発でhit。どういうことだ!びしょびしょになりながらがんばったのに。15年と1ヶ月未満のキャリアの差と思っておこう。
 しかし、昨日と違い、川遊び?をしながらの釣りだったので意外と気分もリフレッシュできてなかなか良かったかな。もう数ヶ月いるなら僕も長靴を買うのだが。


2004.8.29.1.jpg

2004.8.29.3.jpg

2004.8.29.6.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.28

Nothing of fishing result

--- Conner Lake ---
 今日はいつもより45分も早いAM4:30出発。片道130mileの旅路を行くことに。ただいまVAの日の出は6:45です。下道も信号なく標識も55mphの上、渋滞もない。そのため平均60mphぐらいでdrive出来る。
 
 本日はまずConner Lake。日の出直前の6:30頃到着。最初はアタリは何度かあったんですが、その後8時ごろには全くアタリなく移動と相成った。2時間の旅路の果てはボウズとは。
 
2004.8.28.01.jpg
 
2004.8.28.3.jpg
 
photo/2004.8.28.02
 
--- Burton Lake ---
 そして次はBurton Lake。前回ここはmuddy waterだったのに今回かなり透明度が増していました。で前回先輩はここで40cmを2匹釣り上げたので期待していたのですが全くアタリもなし。寂しく帰宅しました。
 
--- Chinese buffet ---
 釣果がなかったので、夕食を作る元気がなく先輩とチャイニーズ・バッフェへ。決しておいしくないですが(上海GEの人も不味いと言ってました)、見て選べて、まぁ安くて、すぐ帰れるので(日本人には重要な要素(笑))ダレダレの時はひとつの選択肢です。で生牡蠣が珍しくあった。こちらの人達は見向きもしないで、スカスカで不味いsnow crabに群がっています。試し食べてみることに。不味いし鮮度も悪い。中らないことを祈るだけ。胃を洗おうと(濃いビールがないので)Budweiserを注文しゴクゴク飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.22

Training is important

>--- The Maury River ---
 本日は濃霧の中をInterstate 81を北に向かいMaury Riverでfisining。前日に下見をしたところと全く正反対のpointです。車が止められfishingが出来そうな場所を見つけ、最初は外道しか釣れません。しかし先輩の助言で「外道で合わせの練習をしなさい」とのことで1時間ほど釣りを続けることに。ブルーギルに似たこの魚、ヒレが痛くて掴むのに躊躇します。
 
2004.8.20002.jpg
 
このPoint近所の子供の遊び場なのか川へ飛び込むロープが期に結わいてありました。
 
photo/2004.8.20004
 
 
車で次なるpont(下流)へ移動。
 
ここで練習の成果が実りました。どれも10inch前後ですがsmallmouth bassを4匹釣り上げました。
 
photo/2004.8.22011
 
車でさらに下流へ移動。堰がある場所でlargemouthを狙うもアタリなし。しかたなく流れのある川下に移動しワームを流して釣ることに。するとアタリまくり。どうもsmallmouthは流れが多少速いところにいるみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.09

Lake side

--- James River ---
 昨日、fishingをしたジェームス川です。最近朝方冷え込んでいて、朝の6時前で(summer timeの関係もありますが)やっと日の出で月と金星が輝く中、気温56F。長袖シャツでも震えていました。
 
photo/2004.8.20003
 
photo/2004.8.20011
 
--- butterflies ---
近くまで寄っても逃げなかった蝶。何をしているか子供頃は図鑑とか読んで知っていた気がするが今はすっかり忘れたなぁ。

photo/2004.8.20008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.08

Bass get!

--- Bass ---
 2回目で初めてブラックバスを釣り上げました。10inch未満のちっちゃいバスですが、満足。small mouth bassというらいしいです。確かによく日本の写真で見かけるlarge mouth bassとちょっと違いますね。正午を過ぎ帰り間際のhitでした。
 
 出不精の僕には、たまのOutdoorは新鮮です。ここら辺は人が少ないので気兼ねしなくていいので、楽しめました。(釣れたから余計に楽しかったわけですが)。
 
 でも下手糞すぎて根掛り起こしすぎてhookとlureを連れて行ってもらった上級者(会社の先輩)にそれらを何度も拝借させてもらいました。タックルは前日会社帰りにwal☆martで$60ぐらいで購入。rod、reelはsimano製でした。

small_mouth_bass.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.31

Beginner's luck

 週末引きこもり派のためか、会社の先輩が心配しBass fishingに連れて行ってくれた。ビギナーズ・ラックは生まれなかった。普段日に当たらないため、腕が真っ赤である。
 しかし、一度だけかかったんですが、ラインが絡まってそっちに気をとられてバラしてしまいました。
 
 それとは別に米国は田舎道でも60mphで巡航しているので、ちょっとDriveは疲れます。道路標識も見にくいし番号でなく道の名前だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)