2009.02.08

計画をたてなきゃ

 そろそろ計画をたてなきゃ、3月に行くためには。

 あと、ずっと続いてる、そろそろ新年会や打ち上げが終わらないものだろうか?
 
Sdim0099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

No title(3)

Sdim0044_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

No title(2)

Sdim0111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.29

No title

Sdim0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.28

二月堂

Sdim0100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.27

公園

Sdim0071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.25

初詣と呼ぶのだろうか? (4)

 作為だとしても。

Sdim0067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.22

初詣と呼ぶのだろうか? (3)

 密かに疲れていて乗ろうかと思ったものが前を行く。くぅう、意外と速いのだ。
 

Sdim0070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.18

杜の都?

 木曜日は仙台に打ち合わせで出張に行っていたのですが、寒いですね。そして3時半まで酒を飲み8時の新幹線で東京に戻り、金曜の夜には別の仕事の打ち上げ。
 そして24時過ぎにはひとりでバーで飲んでいました。禁酒の誓いも忘れて。そしてマスターと語り合うことに。酒が人生を劇的にも、破滅的にもしてくれる。客は僕だけだったので深い話を。
 
 日本でも地域特有の文化や価値観に戸惑いを感じる昨今、世界のニュースを単純に切って捨てるコメンテーターの思考に疑問を感じざるを得ない。
 
--- 奈良 ---
ならまちの入ってすぐの漬け物屋さん。僕はほとんど漬け物を食べることはありませんが。

Sdim0034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.14

初詣と呼ぶのだろうか? (2)

 思いのほか古都を行き交う人は少ない。ならまちへと折れて行く。
 
 新しい年を迎えている感慨も意識もないまま戸惑い彷徨う。疲弊しきった心と体に寒風が吹きつけ、ことのほか寒い。いつもは過るのだが、不思議とこの日は仕事のことが頭に浮かばなかったような。
 
Sdim0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.13

初詣と呼ぶのだろうか?

 出張中の休みは1/4だけで、僕を含めて残っているエンジニアは3人。
そしてひとりは風邪でダウン、ひとりは京都へ。
 
 ぼくはというと、やはり風邪気味。
 
 部屋で寝ていようかと思っていたのですが部屋の清掃員が来たためとりあえずホテルの部屋を出た。
 
 JR天王寺駅から乗った電車の行き先は奈良。当然ながら計画もある訳もなく、JR奈良駅にあった散策mapを貰い、それに沿って散策することにしてみました。

 雨が降りそうな空を睨み、振ってみても晴れる訳でもないのですが首を振りつつ歩き始めました。
 
Sdim0087
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.07

奈良(5) ここはもう京では?

 最後によったのは加茂の浄瑠璃寺。石仏を車窓越しに見ながら着く。
 
 ここも静寂を保つ雰囲気。山門をくぐり徐々に見えてくる三重塔も九体阿弥陀堂も趣のある佇まいです。
 
 でも加茂って京都では?

 050631_0155

続きを読む "奈良(5) ここはもう京では?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

奈良(4) 静かな時間

 随分と静かな寺院でした、園成寺。住職の方がわざわざ説明してくれました。
 
 国宝が結構あるんですね、小さいのに。
 
050531_0137
 山門を出てすぐのお茶屋さんで、わらび餅を頂きました。他にお客がなく、冷たさとその触感を味わいながら静かさと暖かな日差しに浸ってみました。穏やかな古都を実感できました。
 静かなその場所を離れると大柳生幼稚園から園児の元気な声が聞こえてきました。

050531_0142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

奈良(3) 柳生ゆかりの地

 翌日、前の日の修学旅行生に辟易していたので、人ごみを避けることばかりに思考が行きっぱなし。そこで思いついたのは柳生のゆかりの地。
 
 まずは旧柳生藩家老屋敷に。
 山岡荘八氏が所有した後、遺族よって寄贈されたそう。荘八氏原作のNHKの大河ドラマにもなった「春の坂道」で宗矩役だった中村錦之助氏の写真があるのはいいのですが、市川新之助(現海老蔵)主演の「武蔵-MUSASHI-」の色あせたポスターま貼られたまま。宗矩役は中井貴一だったんですね。
 
 次に柳生一門の菩提寺、芳徳禅寺に。以外に尾張柳生、江戸柳生の歴代の方々を知っているのに自分でも驚きました。手を合わせてきました。

050531_0106

続きを読む "奈良(3) 柳生ゆかりの地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

奈良(2) 二月堂

 夕食をすませた後、二月堂のライトアップを求めに。
 
 食事の際、ワインを頂いたので、ちょっとほろ酔い。考えた末、タクシーで向かう。その際、奈良の意味を聞かせて頂いた。良い方だったなぁ。
 
 ただ、トコトコと石段を上り詰めたわけではないので奈良が好きな人や旅が好きな人には怒られそうですね。旅情を得損ねていると。
 僕もそう思います。まぁ色々と僕にも言い訳はあるわけですが、やっぱり言い訳ですしね。
 
 おまけに、ほろ酔いで三脚なしで手振れだらけ。

050530_0054

続きを読む "奈良(2) 二月堂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.31

青丹によし寧楽

 休暇を取って、奈良に行ってきました。
 
 タクシーの運転手さんに、「平城も寧楽も奈良の事を指し読むんです。その意味は『穏やかな』という意味だそうです。」と教えてもらいました。
 確かに、京都の何か拒まれているような感じや、鎌倉のようなキリッとした空気もなく、何処か気を抜いている、ゆるい空気が流れる古都である。
 
 京都から近鉄奈良駅へ。宿泊予定のホテルのクロークに荷物を預け、まずは東大寺。二月堂は夜にと思っていたので、そこそこ拝観した後、法隆寺へ。奈良は中学の修学旅行以来なので、随分と昔のことですね。
 
 でカメラ、露出補正が-1.3になっていたんです。空は時折雨降り、厚い雲に覆われ暗し。モニターしたときもおかしいなぁと思って一旦修正したのに!

050530_0031

続きを読む "青丹によし寧楽"

| | コメント (0) | トラックバック (0)